採用情報

試験機・検査機器

住宅・自動車・材料など、あらゆる「モノ」の強さを測る試験機・検査機器

マイホームの平均購入金額は3,000万円と、今も昔も住宅は人生の中で大きな買い物の一つです。戸建てからマンション、立地やブランド、ライフプラン等の様々な要素を考慮して、私たちはこの大きな買い物を行います。そんな中、住宅の耐震に対する関心は、この数年の間にとても強くなってきました。

試験機・検査機器は、建設物の基礎となる鉄やコンクリートを引っ張ったり、圧縮したり曲げたりして、そのサンプルの強さ、弱さを測る機器として使われています。これは耐震の基礎となるサンプルを扱う重要な検査を行っています。その他にも町工場から大規模工場、大学、研究所まで、多岐に納入されていて、新素材の研究開発や、実際に生産された物の出荷検査等に使われています。

お客様は鉄鋼関連以外にも化学、ゼネコン、自動車関連の工場、研究所が多く、色々なサンプルを目にします。初めて見る物、形、材料などがあり、お客様との話では「これは、今発売されている◯◯の機器の一部です」などの聞くことがあり、私たちの仕事が、社会の一部で役に立っていると実感出来ます。

お客様の要望により、特注仕様の機器も多く、毎日同じような機器を相手にしているわけでは無く、全く違う新しい物と出会う機会も多くあります。その為、島津製作所の営業、設計開発部、品質保証部、生産課(工場)と密に連携をして、お客様の要望に添った機器を納入しなければなりません。そうした際には、設計サポート、生産サポートなども私達の業務の一つであり、いつもと違う設計・生産サポートは、自分の力で新しい物を作る、開発するという魅力もあります。

お問い合せ